PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

小包龍 甘味ファイル その2

284.jpg


283.jpg


猫田がガブリ…。
285.jpg
Nikon D200 武蔵野市吉祥寺 京右近 豆大福 苺もち

第2回目は吉祥寺の和菓子屋へ。吉祥寺は井の頭出身の私にとってはほぼ地元。たまに来てはいたが、こんな所に店ができていたとは気づかなかった。向かいにある図書館には20代前半よく行った。写真集を見たり、調べものをするのに利用した。当時ここには結構オツな写真集がおいてあり、撮影に出かける前に見て士気を高めたりした。

そんな事を思い出しながら、猫田と「苺もち」の看板に吸い寄せられていく…。店内はきれいで明るく、見た目も良い美味しそうな和菓子がズラリとショーケースに並んでいた。大人買いしたかったが、懐は子供なので「苺もち」と「豆大福」の2種類を購入。

一回目同様、帰るや否やお湯を沸かしお茶の態勢に入る。早速食べようとまず「苺もち」にフォークを刺す。なんと!「しゃくしゃくっ」とした感触が伝わる。苺の新鮮さに食べる前から猫田も興奮。こしあんと苺の絶妙さをしみじみと堪能する。豆大福も絶品だった。何よりも表の豆にしっかりとした存在感があり、気に入った。次回は「道明寺」に挑戦したい。(小

スポンサーサイト

| 甘味 | 12:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://wogi.blog62.fc2.com/tb.php/172-3f7bf2e2

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。