PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

御茶ノ水

t134.jpg
GR-DIGITAL 東京 御茶ノ水

夏休み一日目
ひどい二日酔いで動けず、一日を棒に振ってしまった
昨晩はビール、ワイン、焼酎と立て続けに異種混合をやってしまい、どうやって家にたどりついたのかも定かではない

「酒は飲んでも飲まれるな」
冷蔵庫の前で水を飲んでうずくまりながら思ったのは、二日酔いのたびにいつもアタマをよぎるこのコトバ、、、  一体何度繰り返したら気が済むのだろう 自分の愚かさが実に腹立たしい

お酒の味を覚えてしまったのは、学生時代を送ったこの御茶ノ水の街だ。
総武線、中央線のなかから見える神田川の眺めは、私にとって東京のなかで最も思い入れのある景色のひとつだ。

御茶ノ水で飲んでいた時からは遥かに時が流れ、私はだいぶ大人になったはずだ。
だけど、かっこいい大人の「酒とのつきあい」が、なかなかできない。
情けない事実だ             (猫 



スポンサーサイト

| 無差別級 | 00:05 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

やっと、じっくりみました。というのもかわいいあくまちゃん2号がいないから。和める写真ばかりでいいねえ、というか和める写真をとれる猫たちがいいねえ。なんかじっくり年をとれてるか自問自答してしまった。こたえはNO。後数年は渦中の人。でも、それを楽しもうと思ってる。御茶の水は私にとっても思い出の場所。駅のたたずまいとかあの雰囲気、匂いとか、母が着せてくれたレース編みのワンピースとか、丸善の本屋とか…。そうそす、雨上がりの足、猫そのものだったよ。足に人柄が出るのなら、私の足はと思うとぞっとした。

| まえだ | 2006/08/16 08:37 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://wogi.blog62.fc2.com/tb.php/100-67781462

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。